Windows8の登場で変わるPC操作の革新

Windows 8 Consumer Preview(W8CP)が公開され、ざっと使ってみた。
注目していたのは、もちろんナレーターで
Windows7では、英語しか読み上げなかったので
どこまでできるか期待していた。

読み上げのやり方やコマンドなどは、他にもレビューなどの記事がたくさんあるので
そちらを参照いただくとして、
ざっと使ってみて、個人的な感想など。

Windows7にも、ナレーターがあったのだが、
こうやって、日本語を読んでくれると、改めて感動。

ただ、画面で見た状態では
今まで使い慣れ親しんだ、スタートボタンがないので、
いかにも初心者張りに、あたふたしてしまって、、ちょっと格好悪い・・・。
まぁ、ここは誰もが戸惑うだろうけども。

ナレーターの使い勝手は、
Macと同じようなものかなぁと。
漢字の詳細読みはないので、入力に関しても漢字が快適に書けない。
ただ、OSがネィティブで読み上げをサポートしてくれるのは、大きな進化で、
スクリーンリーダーを買わなくてもいい時代がやってくる日が、
また一歩近づいたのかかもしれない。
(といっても、まだ根本的な解決にはなってないのだけど)

もうひとつ、Windows8は、よりタッチ操作に特化した作りとなっていて、
「Metroスタイル」といわれる画面がその代表的なものである。
ここも詳しい説明は、他のサイトに譲るとして、
直感的に操作できるようになっている。

この、タッチ操作とナレーター、
iOSでのVoiceOverでiPhoneなどを操作するのとほぼ同じレベルで
Windowsを操作できるようになると、また違ったおもしろさが出てくるのではと。
「ああ、デスクトップってこんな感じになってたのねぇ」みたいな。

たったこれだけのことかもしれないけど、
多くの人が使っているWindowsで
晴眼者は多くの人がマウス中心、視覚障害者はキーボード中心と、
インターフェースが分かれていたのが、
またひとつ同じような使い方ができるので、デバイスも同じ物が使える。
スレートPCなんかも、何とかして使えるのでは。

ところで、Metroスタイルという新しい使い方になって、
既存のスクリーンリーダーも対応すると思うのだけど、
製品版がリリースされての使い勝手が非常に気になる。

もうひとつ不安なのは、Windowsでタッチ操作をしようとすると、
現状では、ディスプレイがタッチ対応でなければならないのだが、
現在、販売されているディスプレイなどを見渡すと、
タッチパネル付きディスプレイは非常に少なく感じる。

Windows8が2012年の秋頃に発売されるのは、ほぼ濃厚になっている中で、
もっと発売されてもいいんじゃないかなぁと思ったり。

タッチができるPCもいろいろ出てきつつあるので、
Windows8が出る頃にはもっと発売されることを願いたい。

topへ戻る