「Barcode-Talker DX for らくらくホン」がリリース!

4月20日、「Barcode-Talker DX for らくらくホン」がドコモマーケットにて無償提供された。

文字数制限より、表示名は「Barcode-Talker for らくらくホン」となっているのだけど
従来の「Barcode-Talker for らくらくホン」のバージョンアップ版という位置づけのようだけど、
同じ端末に共存できるようになっている。

主な新機能は
・検索結果が、携帯電話のメールに引用できるようになる。
・未申請状態で電話帳ボタンを押すと登録ページに飛べるようになる。
・検索で該当しない場合、今まで出ていた警告メッセージが出ることなくGoogleで検索できる。
など。

インストールするには、いくつか方法があるが、
iメニューを出して、らくらくiメニューだと、最後から少し前の方に、
「dマーケット」というリンクがあるので、そこに入っていく。
次に、「アプリストア」というリンクがあるのでそこに入る。

すると、しばらくした後に、アプリストアの画面が表示され、
画面下部より少し上部の検索ボックスにアプリ名を入力するか
この記事を書いている段階では、新着順で13番目に表示されていた。

アプリを見つけたら、中に入り、「ダウンロード」のボタンを押して、次のページに行くと、
「同意して無料でダウンロード」というボタンがあるのでそれを押す。

ここで、「このソフトは携帯電話の情報を利用します。ダウンロードしますか?」というメッセージが出るが
特に危険ではないので、
「1.ダウンロードする」を押して次に進む。
なお、この画面では、カーソルキーを押しても何も読まないので
内容を確認したい場合は、読み上げボタンを押すと、ページの内容を読み上げる。

しばらくすると
「ダウンロードが完了しました」という音声が流れる。

つぎは、ソフト動作の設定。
待ち受け画面に設定するか、このソフトからの通信を許可するかを設定。
特に設定を変更しない場合は、電話帳ボタンで完了する。

そして、今すぐに使う場合は「1.使用する」を選択。
初めて使用する場合は、Barcode-Talkerの紹介文が表示される。
電話帳ボタンを押すと、iモード接続してBarcode-Talkerのサイトに接続される。
メニューボタンを押すと、Google検索や各種設定ができる。

既にIDを持っている人は、
[メニュー]-[3.各種設定]の中の [1.ID設定]と[2.パスワード設定]に自分のIDとパスワードを入力する。
IDとパスワードのどちらかを入力し終わるたびに
Barcode-Talkerの紹介文のある画面に戻るので、またメニューボタンを押して、設定を続ける。
ちなみに、このIDとパスワードは、一度申請すれば、Windows版でもらくらくホン版でも同じ物が使える。

あとは、いつものごとく、
決定ボタンを押して読み取りを開始する。
飲料以外を読み取ると、アクセスキーを取得して、正式版になるというのは従来と同じ。
ここまでできると、検索結果をメールに引用できたり、
JANコードをGoogleで検索して、検索結果にショッピングサイトがヒットすれば
そのままポチッと購入、みたいなこともできちゃうかもw

また、メニューキーの2番で、検索結果をメールで送ることもできる。
そうすると、概要をメールするのか、詳細をメールするのか選択できる。
概要で記載されるのは、読み取りが成功して読み上げられる内容と同じもの。
詳細で記載されるのは、検索結果の画面で、十字カーソルの右ボタンを押して、読み上げられる内容と同じもの。

もうひとつ、新機能としては、
メニューボタンの[4.Q&A・お問合せ]の項目が追加されたこと。
今までにあったであろう、みんなが疑問に思うことや、
ちょっとした工夫などが書かれてあるので、問い合わせの前に是非参考にして欲しい。
ここで解決しなければ、Barcode-TalkerのMLなどで聞いてみてもいいかもしれない

上でも説明したけど、従来の「Barcode-Talker for らくらくホン」と
同じ端末に共存できるようになっているので、
DX版を入れるとBarcode-Talkerが二つ並んでしまって、どれがとっちか分からなくなる。
画面上では、iアプリを示すアイコンが、DX版とでは違っているのだけど。
そんなときは、メニューボタンから詳細情報を確認して、
バージョンが1.30となっていれば、DX版であるということが確認できる。
もしくは、実際に起動してみて、メニューボタンを押したときに、
「Googleでも検索」と読み上げられたら、それがDX版であることが分かる。
こっちの方が簡単かな。

従来に比べて親切になって使いやすくなったのは、さることながら、
個人的には、Barcode-Talkerがdマーケットで公開されていることが非常に大きいと感じる。
dマーケットのiモード版の先行きは別として、動作対象機種は、らくらくホンシリーズの5つだけど、
他のアプリと同じように一覧で並んでいると嬉しくなる。

dマーケットではレビューも書けたりするので
ここにいろいろ感想を書いていくと、
みんな見てくれるのかなぁと思ったり。

とりあえずは、新しくなったBarcode-Talkerをいろいろ使って
新機能を楽しむことにしよう。

topへ戻る