iPhone(iPodTouch)での文字入力(概要)


タッチパネル端末で、一番の難関と言っていいのが、文字入力だろう。
こいつのおかげで、「果たして視覚障害者に使えるのか」という判断がなされると言ってもいいかもしれない。

ここではそんな不安を払拭すべく、iOSにおいて、そのノウハウを解説していく。
ちなみに、iOSのバージョンは、執筆時点では6.1.2である。

くどいようだがiPodTouchでも、ほぼ同じ操作方法なので、
iPodTouchの方も、参考にしていただきたい。

本格的に解説する前に、最初にやっておいた方がいい設定をいくつか紹介する。
ホーム画面より、[設定]-[一般]-[キーボード]より、
自動修正とスペルチェックをオフにしておくといい。

自動修正は、入力した語句に対して「正しくはこれじゃないか」とガイドされて
確定すると、その文字が入ってしまう。
明らかに入力ミスなら助かるのだが、そうでないものまで修正されることがあるので、
オフにした方がいいかもしれない。

スペルチェックは、入力していると、たまに「スペルミス」と言われるときがある。
正しく入力していても言われるので、名前とかで「スペルミス」とか言われてしまうと、へこむ・・・。
なので、これもオフにしておいた方がいいだろう。

iOS6から追加された設定で、ローターコントロールの「句読点」がある。
これを「句読点なし」にしておくと、キーボードの記号などを読んでくれないので注意してほしい。

では、早速、文字入力を練習するために、「メモ」のアプリを起動してみよう。
最初に使う場合は、画面中央に「メモなし」と表示される。
新規で作成する場合は、画面右上の「追加」を実行する(アイコンはプラスのマークである)。

新規の場合、いきなり画面の下半分は、キーボードが現れる。

ここで、キーボードの説明だが、
iPhone(iPodTouch)のキーボードはいくつか種類がある。設定は変更できるがデフォルトでは次の通り

・日本語かなキーボード(テンキーキーボード)


・日本語ローマ字キーボード(フルキーボード)


・絵文字キーボード


・英語(English US)キーボード


の4種類が使用可能である。

特に、日本語のテンキーキーボードと、フルキーボードのどちらがいいか迷うところである。
テンキーキーボードは、携帯電話と同じような配置である。
ひとつひとつのボタンの大きさも大きいので、押しやすさでは有利である。
実際の文字入力は、主にフリック入力やスプリットタップで入力していく(やり方は次回以降の各論で)。

フルキーキーボードは、PCのキーボードとおなじ、QWERTY配列なので、
PCをよく使っている人は、こちらが使いやすいかもしれない。
デメリットは、画面の下半分にアルファベットが並ぶので、ひとつひとつのボタンの大きさが小さく、
慣れないうちは、しばしば、隣のボタンを押してしまうことがある。

どちらも、一長一短あり、最終的には人それぞれなのだが、
どちらがいいかと言われれば、個人的には、フルキーキーボードをお勧めする。

最大の理由は、アプリをインストールしたりする場合、パスワードを求められるのだが、
このパスワードを入力する場合、英語のフルキーボードしか使えないのである。
下記の画像でも確認できるように、パスワード入力画面では、キーボード切替の地球儀アイコンがない。


なので、テンキーキーボードを覚えたとしても、
パスワード入力のために、フルキーボードも使わなければならないのである。
だったら、日本語でも英語でも、フルキーボードを使った方が、
ボタンの配置がある程度同じなので、どうせなら最初からフルキーボードを使っていた方がいい。
他にも、ボタンの大きさが小さいというデメリット以上に、
ダブルタップもしくはスプリットタップでOKなので、入力の手間という点では、
フルキーキーボードに軍配が上がる。

入力に関して、どのキーボードでも共通なのが、
たいていは「テキストフィールド」と言われる部分が文字を入力できる部分である(検索ボックスなど)。
「テキストフィールド編集中」と言われると、文字入力のカーソルが現れて、画面下半分にキーボードが現れる。
上記のキーボードは互いに切り替えることができて、「次のキーボード」と言われるところがそう。
この切り替えボタンは地球儀の絵になっている。

日本語のテンキーとローマ字キーボードは、文字が入力されて、確定前の状態ならば
キーボード上部に候補が並ぶスペースがある。「○○候補」と言われる部分がそう。
左から学習している候補が表示される。
何か文字を入力して、候補のスペースに指を移動するか、上下フリックすると、候補にカーソルが合う。
iOS6以降は、詳細読みもしてくれるので、目的の漢字を探して、ダブルタップ(スプリットタップ)すると入力される。
また、文字を何も入力していないときは、候補のボックスが表示されない。
上下フリックした場合、候補の左端からは読み上げてくれない場合が多いので注意したい。

次回は各キーボードについて、入力方法を解説していく。

topへ戻る