iPhone(iPodTouch)で文字を入力する。(日本語かなキーボード編)iOS6.1.2で解説

前回の続きで、いよいよ各論に入っていこう。
まず、日本語かなキーボード(テンキーキーボード)から。

大まかな配置を説明すると、4段5列でボタンが並ぶ。
真ん中あたりに、かなキーがある。
かなキーのそれぞれの部分に合わせてダブルタップ+ホールドすると、い段、う段、え段、お段の文字が上下左右に現れる。
どのように配置されてるかというと、い段は左、う段は上、え段は右、お段は下となっている。
入力したい文字の部分にそのまま指を滑らせて離すと、文字が入力される。
ちなみに、あ段の文字を入力したいならダブルタップのみでよい。
入力を取り消したい場合は、指を画面上端近くに持って行って離すと、何も読み上げないので、
文字が入力されていないことが分かる。
また、スプリットタップでも入力することができて、
入力したい段の文字をホールドして一度タップすると、あ段の文字が入力される。
また、時間を空けずスプリットタップしていくと、い段、う段となっていく。

ローターコントロールを使って、タッチ入力モードにすると、
ダブルタップ+ホールドもスプリットタップもできない。
ただ、ドラッグして同じ部分を連打していくと、携帯電話で打っているかのごとく入力できる。
ただ、連打する間隔が空きすぎると、あ段から入るので、タイミングをとるのが難しいが、
慣れると比較的早く入力できるかもしれない。

両サイドは除いて説明すると、
上段の左から「あ」「か」「さ」、
その下の段は「た」「な」「は」、
さらに下の段は「ま」「や」「ら」となっている。
「や」の下は、「わ」「を」「ん」「長音符」である。スプリットタップの場合、この順で入力される。

下の段の「顔文字」と読み上げる部分は、直前に濁点や半濁点がつく文字の場合は、
スプリットタップの場合、濁点、半濁点の順に入力される。
文字が確定されていない場合は、顔文字が入力される。

同じく下の段の「表意文字のカンマ」と読み上げる部分は、「読点」「句点」「疑問符」「感嘆符」である。
スプリットタップの場合、この順で入力される。

かなキーについては、タップしたときに「あ」段を読み上げるが、
「ま」と「わ」など、音声を聞いているだけでは、違いがよく聞き取れない。
なので、テンキーで快適に入力しようとすると、
隣のキーとの関係を頭の中でイメージして入力することが大事になってきそうだ。

小文字は、「ぁぃぅぇぉ」の場合、6回目以降で入力できる。トグル方式と言ってもいいだろう。
具体的には、
「と」→「っ」(促音は、何となく聞こえる程度で、ほとんど聞こえない)
「や」→「ゆ」→「よ」→「ゃ」→「ゅ」→「ょ」
「わ」→「を」→「ん」→「ー」
「、」→「。」→「?」→「!」
である。 しかし、「ぁぃぅぇぉ」の場合だと、1回目から5回目までの読み上げ方と全く同じなので、音声だけでは分からない。
なので「ま」の下のボタンを押した方が確実でいいが、「顔文字」としか読まないし、
ダブルタップやスプリットタップしても、音声では違いが分からない。
また入力した後で確認しようとしても、音声だけでは分からない。

濁音、半濁音のも同じ「顔文字」のキーである。
スプリットタップでの順番は、「小文字」→「濁音」→「半濁音」である。
「つ」を入力した後に「顔文字」をダブルタップすると「っ」→「づ」になる。
同様に「は」→「ば」→「ぱ」である。

結論としては、
「顔文字」と読み上げるボタンは、小文字も濁点も半濁点も入力できるので、
こちらに統一した方が良いかもしれない。

右端の列は、上から削除、スペース、改行/確定キーが並ぶ。
改行/確定キーは2段分の大きさがある。
入力した文字を削除するには、1段目「さ行」の右にある、「削除」とよむ場所がある。
これが削除キーである。カーソルの左の文字が削除されていく。
ちなみに、PCでいうところのdeleteキーは見当たらない。
その下に「スペース」とよむ場所があるが、
ここはPCでいうスペースキーと同じ働きをする。見た目でも「スペース」と書かれている。
ひとますカーソルが進む。
何か文字を入力すると「次候補」という表示に変化する。

最上部、「あ」の左は「完了キー」という。 携帯電話では、テンキーで入力していても、確定するまでは、同じキーを押すと、続きで入力されるが、
iPhoneなどのiOSでは、また「あ」段の文字から入力することになる。
例えば、「お」を入力したい場合、携帯電話では、3回押すと、「う」のまま、いつまでも待ってくれて、
もう2回押せば、「お」が入力される。
しかし、iOSでは、デフォルト設定では、「う」入力して1秒くらいすると、その次のマスにまた新たに、「あ」から入力される。
これが人によっては、非常に使いづらいと感じるところだろう。
ただ、急いで「ああ」などを入力する場合は、同じキーで入力する文字が続くとき、このボタンで一文字送ることができる。

2段目、「た」の左は「逆順キー」という。
タップ(VoiceOverの場合はスプリットタップ)していくと、「こけくきか」のように逆の順番で入力される。

また、フリックのみで入力できるようにも設定できる。
ホーム画面より、[設定]-[一般]-[キーボード]-[キーボード]-[日本語、かな]を選択する。
 

「かなオプション」で「フリックのみ」をオンにする。


そうすると、テンキーの配列が変化する。

具体的には、左列上段にあった、「完了」と読み上げる箇所が、
上から「数字記号」、「その他文字」、「かな-plane」に変化する。

この「フリックのみ」にした場合、標準入力では「あ」段以外は、スプリットタップができなくなってしまい、
常にダブルタップ+ホールドで入力しなければならない。
スプリットタップをすると「あ」段ばかりが入力されてしまう。
タッチ入力モードだと、指を離せば入力されるので、同様に「あ」段ばかりが入力されてしまう。
また、ダブルタップ+ホールドの1回目のタップで、「あ」段が入力され、
2回目のタップ+ホールドで、フリック入力の動きになる。
これでは使いにくいので、「フリックのみ」にした場合標準入力モードでの使用をお勧めする。
ただ、タッチ入力モードにすると、スプリットタップしても何も入力されないのと、
指を離すと入力されるはずが、スプリットタップをした後に最初に触った指を離しても、何も入力されない。
これを応用すると、この状態からダブルタップ+ホールドで入力できてしまうが、
この方法は、ややこしいので、お勧めはできない。

3段目、「ま」の左にある、「その他文字」と読み上げる部分は、「モード切替キー」といって、かな以外の文字が入力できる。
一度ダブルタップすると、英字モードになる。
アルファベットの配置は、概ね従来の携帯電話と変わらないようだ。

英字の場合は、タップすると、各キーに割り当てられているアルファベットすべてを読み上げる。
この時、それぞれのアルファベットはフォネティックしない。
かなキーと同じように、ダブルタップ+ホールドして上下左右にスワイプして、目的の文字のところで指を離すと入力される。
もちろん、スプリットタップでもOKである。

「モード切替キー」をもう一度タップすると、「Symbolnumber-plane」と読み上げ、数字や記号が入力できる。
ダブルタップのみならば、数字が入力され、ダブルタップ+ホールドでいろいろな記号も入力できる。

4段目は、キーボード種類の切り替えなのだが、
iPhone4S以降で、iOS5.1以降の場合は、そのキーが左右に分割されていて、縦長の長方形になっている。
左側がキーボード種類の切り替えで右側が音声入力である。

音声入力は、しゃべった音声を通信回線に乗せて解析して文字を入力する仕組みになっている。
なので、電波が届かない状態では、音声入力は使えない。
その場合、音声入力のキーは押せなくっている。

topへ戻る