Nexus7をAndroid4.2にアップデートしてみた。

11月14日にAndroid4.2へのアップデートの案内が来たのでアップデートしてみた。
アクセシビリティ機能に関して大幅な改良があったのでご紹介する。

ええっと、
まずアップデートしたら、ロック画面に時計が現れるんだけど
時間の文字だけが太く表示されるのは何故だろう。
分の文字は普通なのに・・・。

あと、ロック画面にウィジェットが貼り付けられるようになった。
でも、セキュリティ上も置いてもいいものを置くといいかも。

本題のアクセシビリティ機能を以下にずらずらと。
ユーザー補助の中に「拡大操作」「ユーザー補助のショートカット」というメニューが追加されている。


・拡大操作
トリプルタップで拡大、その状態でピンチイン、アウトすると倍率調整。
2本指でドラッグすると画面が動く。もう一度トリプルタップで戻る。

トリプルタップ+ホールドで一時的に拡大。
その場合の操作は、ドラッグしたときと反対になる。
上にドラッグすれば上にスクロールする。
そのままもう1本の指を使うと通常のドラッグ操作になる。
このときもう1本の指を使ってピンチイン、アウトが可能。
ちなみに、拡大されているときは、画面の周りが青い枠で覆われた。

ちなみに、画面左上を目一杯拡大したときの画像はこんな感じ


・ユーザー補助のショートカット(デフォルトはOFF)
まず、電源ボタンを音が鳴るか、振動するまで押し続ける。
その後、確認音が鳴るまで2本指でタップ+ホールドする。
あらかじめオンにしておくと、この操作でユーザー補助を有効にできるようだ。
やってみたらTalkbackが起動した。

「ユーザー補助機能を有効にするには、2本の指で押し続けてください」
のあとすぐに、「ユーザー補助機能が有効になりました」と読み上げる。

切るのはどうするんだろう?
執筆時点では確認できず。

何回が設定をいじくっていたら漢字だけ読まない時もあった。
でも再起動したら治った。


・「ショートカット操作の管理」で設定できるジェスチャが増えた。
今まで、縦の後に横だったのが、横の後に縦もできるようになった。
例えば、今までは上にスワイプしてから、右にスワイプという操作だったのが
右にスワイプしてから上にスワイプというのも加わって、
合計8種類のジェスチャが登録できるようになった。
といっても、ジェスチャの選択肢は6つしかないのだが。

また、連続読み上げ、グローバルコンテキストメニューが追加された。

連続読み上げというのは、「ショートカット操作の管理」において
設定したジェスチャした後、タップ+ホールドすると
「最上部から全て読み上げる」
「現在のアイテムを繰り返す」
「現在の場所から全て読み上げる」
の選択肢が円形状に現れる。
アナログ時計で説明すると
「最上部から全て読み上げる」は10時から2時
「現在のアイテムを繰り返す」は2時から6時
「現在の場所から全て読み上げる」は6時から10時の向きにそれぞれ現れる。
ホールドしたまま、どこかにドラッグして離すと、上記のいずれかの動作になる。
ざっとやってみたところ「現在の場所から全て読み上げる」は
現在いる位置の次から読み上げているようだった。

グローバルコンテキストメニューは
連続読み上げと同様、「ショートカット操作の管理」において
設定したジェスチャした後、タップ+ホールドすると
「最後の音声を再度読み上げる」が円形の上半分
「最後の音声のスペルを読み上げる」が円形の下半分に現れる。
同様にホールドしたまま、ドラッグして離すと、所定のの動作になる。

topへ戻る