12月8日、21時より「ShinとYukakoのAccessibility Stream」の配信。お題は、言う吉くん、格安SIM紹介、ドコモメール、Android4.4の読み上げなどから適当に(やらなかったものについては次回以降)。


「ShinとYukakoのAccessibility Stream」の配信ですが
今回は12月8日、21時より行いたいと思います。

今回も、ツイッターでのハッシュタグは
#sy_as
でお願いします。

話すネタ(順不同)


国立印刷局謹製の紙幣判別アプリ「言う吉くん」を端末別に実演!

12月3日、国立印刷局から、目の不自由な人向けに、iOS端末にお札をかざすと額面を読み上げるiOSアプリ「言う吉くん」をリリースした。
このようなアプリは、過去にあったものの、このアプリは無料ということで、端末を持っていれば、手軽に導入できるのが特徴だけど、
今までのアプリと比べて、使い勝手と肝心の読み取り精度はどうなのかや、
端末ごとにカメラの性能が違うので、上手く読み取るためのコツなどを探っていきたい。
生放送では、このアプリを初めて使う全盲の視覚障害者(と言っても私の家内です)に出演してもらい、
初めて使った場合にどのようになるのか、その結果、無料ならではの使用感や、その他のアプリとも比較をして
やっぱり有料アプリには、それなりの価値があるのか、今後のバージョンアップへの期待も含めて話したい。

お札識別アプリ「言う吉くん」
スマホをお札にかざすと額面読み上げ アプリ「言う吉くん」、国立印刷局が無料公開

これでハードルが下がる?格安SIMを使ったお得なスマートデバイス利用の提案

前回の配信でも紹介したけど、GoogleからAndroid4.4搭載のスマートフォン、Nexus5が発売された。
また、11月22日にはアップルからSIMフリー版のiPhone5sとiPhone5cが販売された。
価格はNexus5の16GBが3万9800円、iPhone5sの16GBが7万1800円と、高額ではあるものの、SIMフリーということで、
キャリアに縛られずに使いたいという人にとっては待ちに待ったニュースだし、
それと共に、各MVNOからの様々なプランも充実してきて、ようやく日本にもSIMフリーの流れが浸透してきつつある。

そんな中、12月2日にNECビッグローブと、LTEに対応したデータ通信サービス「BIGLOBE LTE・3G」の新たなプランとして、
月額980円で1GBまで利用できるエントリープランを追加した。
最大のウリはLTEの最大150Mbps高速通信網が利用できるのと、最低利用期間、いわゆる縛りがないということで、
非常に敷居が低いので、初めてみるには最適な選択肢の一つだと思う。

音声通話はサポートされないけど、ガラケーを通話に使いながら、
データ通信の用途に使ったり、スマートフォンの入門として、端末を用意すれば気軽に始められるきっかけができたという意味では
非常に大きい意味があるので、申し込みから利用開始まで、さらには注意点やこのサービスのお得なポイントなどを解説したい。

グーグル、5インチスマホ「Nexus 5」とAndroid 4.4
アップル、SIMフリー版iPhone 5s/5cをApple Storeで販売開始
BIGLOBE、770円からで月1GB通信可能なLTE SIM

ドコモメールの対応端末が拡大。アプリは使えるのか

今年の秋から、ようやくドコモメールが始まり、対応端末も増えてきた。
スマートフォンでは、アプリを使って送受信するわけで、音声読み上げユーザーにとっては
このアプリが読み上げないと、なかなか使い物にならない。
対応端末が増えてきている中、携帯の数ある機能の中でも、メインで使っている人の多いメールアプリが快適ならば敷居が下がるし
読み上げに難があれば、二の足を踏むことになるだろうと思うので、
ここでは、どんな動きをするか気になる人向けに、ざっくりと読み上げの様子を紹介してみたい。

Android4.4の日本語読み上げについて

Nexus5に加えて、Nexus7にもAndroid4.4にバージョンアップできたのでやってみた。
前回の配信から新たに分かったこともあり、読み上げについて軽く紹介したい。
だからといって、あまりインパクトがないかもしれないけど、
日本語を読むということ自体に大きな意味がある部分もあるので、再度解説してみたい。

以下は毎回お決まりの文章です。
今回も、ねとらじでも配信予定−。
UstreamのURLは
http://www.ustream.tv/channel/shin%E3%81%A8yukako%E3%81%AEaccessibility-stream
です。
ねとらじのURLは
http://std1.ladio.net:8040/AccessibilityStream.m3u
です。
たぶんこれで大丈夫だと思いますが、
変更になったらまたMLやホームページ・ツイッターで連絡します。

あと、今回も
ライブ中にツッコミを入れたい方は
私のメールアドレス
info@shin-matsuda.com
にメールを送っていただき、自分が読んで紹介していくという方法を
取ってみたいと思っています。 一言だけでもいいので、ツッコミを入れていただけるとありがたいです。

もちろん、ツイッターやUstreamのチャットやソーシャルストリームを
利用されていた方はそのままでOKです。

視聴方法を解説します。
ねとらじで聞く方法は、
Windows Media Playerで、Ctrl+Uを押すと「URLを開く」というダイアログボックスが開きます。
その後、
http://std1.ladio.net:8040/AccessibilityStream.m3u
を入力してOKボタンを押すと、配信中でしたら音声が聞こえてきます。
もしくは、ねとらじのリンクを実行した場合は任意のプレーヤーが起動して音声が流れます。

Ustreamでは、リンクを実行すると、広告の映像と音声が長くて数分流れます。
放送中でない場合は、過去の放送が流れることがあります。
数秒で広告からスキップしたりできるのですが、スクリーンリーダー環境では難しいようです。

以上です。
よろしくお願いします。

topへ戻る