11月4日・5日、関東地区にて「iPhoneXでFaceIDを使ってみよう(発売日に手にできたら)」のご案内。

Accessibility Streamの企画として、11月4日・5日、関東地区で「iPhoneXでFaceIDを使ってみよう」を行います。
(なぜ関東なのかは、この日に私の個人的な用事もあるためです。それ以外の方すいません。チャンスがあれば考えます。)

先進の Face ID テクノロジーについて という情報が先日、Appleの公式ページに掲載されました。
その中で、FaceIDのアクセシビリティについても触れられています。

これを読んでいく中で、個人的な思いとして、 認識や使い勝手については個々による部分が大きいと感取るところがあったのと、
それによってiPhoneXの購買意欲にも関わってくるのではと思います。
今回、iPhoneXにて初めてFaceIDが搭載されましたが、TouchIDのように、これからのAppleのデバイスではFaceIDが搭載されてくるだろうし、
TouchIDよりも誤認識率が遙かに低いわけだから、なおさら広まっていって、FaceIDが特別な問題を抱えない限りは、
FaceIDに置き換わっていくだろうと感じています。
もちろんFaceID自体も進化していくと思いますが、現時点の真実を確かめる手段として、いち早くiPhoneXを手に入れて、検証したいと思います。

そこで、私がiPhoneXを発売日に手に入れることができたらという大前提ですが、
iPhoneXのFaceIDがVoiceOver環境で、どんな使い勝手なのか、または視覚障害者それぞれにとって、
FaceIDの有用性を個人的に確かめたいという個人的な思いから企画しました。

私、Shinがあなたの家(または指定場所)まで行って、iPhoneXとFaceIDの使い勝手を互いに検証します。
関東在住の人は私が家まで行きます。旅行などで滞在している人や、家まで来て欲しくないという人は、
滞在先の落ち合える場所を指定してもらえばそこまで行きます。

3日まで、サイトワールドがやってるらしいので、関東滞在の人も多いかと思います。
今後の端末選びの参考にしてもらえたらと思います。
参加資格は、視覚障害者であること(程度は問わない)、iOSデバイスの基本的な操作ができること、の2点です。
参加希望の方は、番組メールアドレス
info@shin-matsuda.com
、TwitterのDMにてご応募ください。
その際、4日・5日のどちらがいいか、その時間帯(4日は早朝〜深夜までOK。5日は早朝〜夕方まで)自宅の最寄り駅、
そこからの時間、参加人数を連絡ください(住所は後日伺います)

できれば、目の状態(全盲・弱視・義眼の有無など)も可能な範囲で教えていただければと思います。
スケジュール調整の結果、遠くて行けないのでごめんなさいとなってしまうこともあるので、そこはご了承ください。
お互いにできるだけ負担のないような手段で、できるだけ多くの人に使ってもらいたいので、こういうふうにしました。

この企画の大前提として、iPhoneXが11月3日に手に入らなかったら、この企画自体が無しになってしまうので、そこはごめんなさい。
予約ができてから募集しても時間がないので、現段階では仮予約とさせていただきます。

皆さんにとってのメリットは、
・最新のiPhoneXが触れる。
・FaceIDが使い物になるのかご自身で検証できる。
・指定した場所まで行く交通費があまりかからない。
・私に会える(これはどうでもいいです)。
の以上4点です。

あと、お願いがあります。
実際に行けることになったら、電源とWi-Fiを使わせてください(無理なら構いません)。

少しでも多くの方に触っていただきたいので、知人などをお誘い合わせの上、ご応募ください。
先着順ですが、ささやかなプレゼントも持参する予定です。宣伝なども大歓迎です。よろしくお願いします。

以上です。
多くの方のご応募をお待ちしています。
よろしくお願いします。

topへ戻る